New Release

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ERIS第20号本日発行

2017/9/7

創刊5周年記念の第20号本日発行!巻頭は“渋谷陽一×天辰保文×ピーター・バラカン”ロック・ジャーナリズム50年座談会と重鎮、瀬川昌久が語る日米ジャズ・レコード100年。連載も絶好調、萩原健太編集長はいちばん好きなソングライター “ニール・セダカ”、亀淵昭信は地名歌やヴォーカル・グループなどの50年代ヒットソング、岡本郁生はメレンゲの巨頭ベントゥーラとバルガス、高田漣は偉大な職人ポール・ビグスビーからマール・トラヴィスやスピーディ・ウェストなど、能地祐子はアメクラのトークイベントを誌上公開、水口正裕は新シーズンと楽曲作者デイヴィッド・ヤズベク、北中正和は最古の音声表現の録音物のひとつから映画『サーミの血』、鷲巣功はチャック・ベリー追悼誌大検証。モア・ザン・ライナーはシカゴ大学のマイケル・ボーダッシュ教授が愛する“キンクス最後の傑作”。熱く深い原稿満載です。
http://erismedia.jp/