ERIS第29号本日発行!

第29号が出来上がりました。楽しくお読み頂ければ幸いです。
巻頭は「アメリカン・ニュー・シネマとその音楽を語る萩原健太と水口正裕」と「アメリカーナの旗手ジェイソン・イズベルを天辰保文が直撃取材」。多彩な連載陣、北中正和は陳明章など台湾の今を見聞旅行、高田漣はエディ・ヴァン・ヘイレンのギター遍歴、ピーター・バラカンはジョー・ヘンリー数々の傑作ストーリー、鷲巣功はAIひばりとカントリー音楽、岡本郁生はドミニカのファン・ルイス・ゲーラ、亀渕昭信はレイ・チャールズ他ポップ・カントリー草創期、水口正裕はミュージカルに挑むSSWの潮流、天辰保文はヘッズ・ハンズ&フィートのトニー・コルトン、能地祐子は天才若手指揮者3人のディケイドを。みな熱いです。
http://erismedia.jp/

アメリカン・ニュー・シネマと音楽を語る“萩原健太×水口正裕”

ERIS第29号は3月12日発行です。巻頭はアメリカン・ニュー・シネマとその音楽。1960年代後半から70年代半ばアンチ・ヒーローを主人公としたアメリカン・ニュー・シネマは、暴力、セックス、アートなどを題材に若者の一途な思いを投影し、大きなムーブメントとなった。そして、そのサウンドトラック・アルバムは洋楽ファンに様々な音楽と出会うきっかけを与えた。「俺たちに明日はない」「卒業」「真夜中のカーボーイ」「明日に向かって撃て!」「イージー・ライダー」「いちご白書」などの映画とサウンドトラックを萩原健太と水口正裕が時代を振り返り検証する懐かしく楽しい再訪企画。
https://www.atpress.ne.jp/news/206448

ERIS第28号本日発行!

巻頭は高田漣による細野晴臣米国ツアー同行記、細川周平の追悼ジョアン・ジルベルト、入江沿一郎のローリング・サンダー・レヴュー考察と話題満載。連載も多彩な力作ばかり、能地祐子は来日したパンチ・ブラザーズの二人のクリスを熱烈直撃、天辰保文は幅広くて楽しいジュールズ・シア、亀渕昭信はレコード・イベントと1945年頃のポップス、ピーター・バラカンは伝説のピアニスト/アブドゥラ・イブラヒム、水口正裕は2019/20年の注目作と予測、萩原編集長は偉大なストーリーが語られなかったバート・バーンズの真実、岡本郁生はセレーナの大活躍を偲ぶ、高田漣は米国ツアー裏本編の楽器店見聞録、北中正和は強烈なエチオピア音楽、鷲巣功はヒースクリフと喜多嶋修。
http://erismedia.jp/

ジョアン・ジルベルト、ローリング・サンダー・レヴュー、パンチ・ブラザーズなど話題満載!

“ボサノヴァの父”ジョアン・ジルベルトが7月6日に88歳で亡くなった。2003年に72歳で初来日するなど神秘に包まれた孤高のアーティストの魅力を音楽学者の細川周平が『追悼ジョアン・ジルベルト「調子はずれ」の鼻唄歌手』で詳しく解説。
来春の来日が決まったボブ・ディランの1975年ツアー「ローリング・サンダー・レヴュー」が再び注目を集めている。6月、記念碑的な14枚組CDボックスが発売となり、マーティン・スコセッシが監督を務めたドキュメンタリー映画もNetflixで配信開始に。この伝説のツアーを熱烈なディラン・ファンの入江沿一郎がどこよりも深く考察。
さらに、進化を続ける米国を代表する史上最高のストリング・バンド、パンチ・ブラザーズを能地祐子が熱烈深堀りインタビュー。ERIS第28号は11月7日発行!
https://www.atpress.ne.jp/news/196606

高田漣による細野晴臣の歴史的な米国ツアー同行記!

ERIS第28号巻頭は高田漣の「細野晴臣さんと僕、10数年のバンド・ログ~アメリカ・ツアー同行記」。デビュー50周年を迎え記念公演、展覧会、映画など話題沸騰の細野晴臣。海外でもその人気が本物であると証明されたアメリカ・ツアーの模様をホソノ・バンドのマスターでギタリストの高田漣が楽屋目線で紹介する同行記。5月28日、29日のニューヨークと6月3日のロサンゼルスとも即日完売になった歴史的な公演。また、連載「Gジャン放浪記~楽器オタクの雑記帳」でのアメリカ楽器店巡りも必読。11月7日(木)発行・配信です。
https://www.atpress.ne.jp/news/196606

ERIS第27号本日発行!

ERIS第27号は本日発行・配信です。巻頭は北中正和「追憶の1969年」と岡本郁生「驚嘆の演奏を繰り広げたエディ・パルミエリ会見記」。天辰保文の新連載はジェシ・ウィンチェスター。強力な連載陣、能地祐子はセントルイス響とシーリー、高田漣はジェフ・ベックとテレギブ、亀渕昭信はドリス・デイ追悼、ピーター・バラカンはデレク・トラックス、水口正裕はトニー賞の注目作を、鷲巣功はLP「木ですら涙を流すのです」、萩原編集長はエリー・グリニッチとジェフ・バリー、北中正和はラ・バンバのアフリカ性、さらにモア・ザン・ライナーは三井徹の『アンソロジー・オブ・アメリカン・フォーク・ミュージック』と多彩で充実の原稿満載です。
http://erismedia.jp/

三井徹の「Anthology of American Folk Music」

人気連載モア・ザン・ライナーノーツはポピュラー音楽研究の第一人者、三井徹が米国大衆音楽の源流が辿れる『アンソロジー・オブ・アメリカン・フォーク・ミュージック』を詳説。ボブ・ディランを始め多くのミュージシャンに大きな影響を及ぼした聖典。ハリー・スミス選集で‘52年に発売された6枚組LPが97年にCD6枚組となって蘇った。第27号は7月18日(木)発行です!
https://www.atpress.ne.jp/news/187544

ERIS第27号は7月18日発行

巻頭は北中正和が追憶する1969年のロック!ロック史における1969年はさまざまな出来事が同時並行的に起こっていた。北中正和が編集・評論活動を始める直前の1969年を自身の思い出と共に追憶。ウッドストック、オルタモントの悲劇、アルバム「アビー・ロード」、映画「イージー・ライダー」、ニューミュージック・マガジン創刊など海外と日本で起こった事実を眺めます。ERIS第27号は7月18日(木)発行・配信です。
https://www.atpress.ne.jp/news/187544

ERIS第26号本日発行!

巻頭は今改めてブルース・スプリングスティーン。いまさら人に聞けない彼の軌跡や主要アルバム全26枚を編集長の萩原健太が渾身の徹底解説。さらに高田漣は新作「FRESH」を堂々全曲ネタバレ解説。モアザンは向風三郎の追悼シャルル・アズナヴール。オールジャンルの連載陣、北中正和はメキシコ国境のファンダンゴ、能地祐子は期待の若手オーケストラのザ・ナイツ、鷲巣功は総師なきザップ新作、岡本郁生は来日決定の巨匠エディ・パルミエリ、亀渕昭信は懐かしミュージック・ライフと日本だけのヒット曲、ピーター・バラカンはジャコの未発表を出した注目レーベル、高田漣は天才クラレンス・ホワイトの〝ベンダー〟、水口正裕はルネ・フレミング「ブロードウェイ」後編。じっくりとお楽しみください。
http://erismedia.jp/

今改めてスプリングスティーンを萩原健太が語る

ERIS第26号の巻頭は、昨年歴史的ブロードウェイ公演で大いに話題を集めたブルース・スプリングスティーン。公演はキャパたった975人の劇場でほぼ1年、自伝「ボーン・トゥ・ラン」を元に236回にわたり行なわれ、トニー賞特別賞も受賞。いまさら人に聞けない彼の軌跡や主要アルバム全26枚を編集長の萩原健太が渾身の徹底解説。「アズベリー・パークからブロードウェイまで~46年のロング・ディスタンス・ラン」掲載の第26号は3月7日(木)発行です!
https://www.atpress.ne.jp/news/177627