連載執筆者

 
お知らせ
ERIS 2021/07/15

ERIS第33号本日発行!

ERIS第33号の巻頭は北中正和、はっぴいえんどの名作『風街ろまん』を松本隆が語る!ますます充実の連載陣、天辰保文はLAで出会ったウォーレン・ジヴォン、ピーター・バラカンは60~70年代の英国音楽業界を2万5千字で、高田漣はボー・ディドリーをより濃く楽しく、鷲巣功はキング・カーティスの幻盤「君だけに愛を」、亀渕昭信はフランキー・ライモン「恋は曲者」と映画、能地祐子は米国クラシックからYouTube…


ERIS 2021/07/08

はっぴいえんどの名作『風街ろまん』を松本隆が語る!

ERIS第33号の巻頭は、50年目の『風街ろまん』を松本隆が語る!『風街ろまん』が日本のポピュラー音楽に投じた波紋は、半世紀後のいまなお深く静かに広がり続けています。当時はっぴいえんどのドラマー/作詞家としてアルバムのコンセプトを担った松本隆に、この名作が生まれたいきさつを聞きました。レコーディングの様子、歌詞やジャケットをめぐる逸話など、ロック黎明期の生々しいエピソードが多数。ビートルズや筒美京…


ERIS 2021/03/11

ERIS第32号本日発行!

ERIS第32号巻頭は佐野元春2万字インタヴュー!聞き手は萩原健太編集長。強力な執筆陣、エリスならでは、往年のロック・ファンからコアな洋楽マニアまで楽しめる幅広い内容満載。ピーター・バラカンは話題のダスト・トゥ・ディジタル・レーベル、北中正和はアフリカ音楽に挑むビヨンセのライオン・キング、鷲巣功は架空企画CD「ニッポン人の洋楽」続編、岡本郁生は80年代サルサでバッド・ストリート・ボーイズ、高田漣は…


ERIS 2021/03/04

佐野元春2万字インタヴュー、デビューから走り続けた40年を語る!

ERIS第32号巻頭は、1980年にデビューを飾って以来、今なお確かな存在感を放ちつつシーン第一線で活躍を続ける佐野元春。デビュー40周年を祝う2種のベスト・アルバムが編まれた昨年に続き、今年3月13日にはEPICレーベル在籍時のアルバム群を集大成したCD29枚組BOXも発売される。音楽にとどまることなく、ラジオDJ、詩、映像、雑誌編集など、多彩な分野に分け入りながら日本のポップ・カルチャーの可能…


ERIS 2021/02/24

スマートフォンの方はアプリPWAがオススメ

スマートフォン(とくにアンドロイドの方)用のアプリPWAでエリス/ERISを読むことができます。PWA(プログレッシブウェブアプリ)とはモバイル向けのWebサイトをアプリのように使って読むことができる仕組みです。AndroidはGoogle Chrome、iPhoneはSafariでスマホ画面にアプリを作成・追加して本を読むことができます。 Androidスマートフォンでの読み方 1. Googl…


ERIS第33号本日発行!

ERIS第33号の巻頭は北中正和、はっぴいえんどの名作『風街ろまん』を松本隆が語る!ますます充実の連載陣、天辰保文はLAで出会ったウォーレン・ジヴォン、ピーター・バラカンは60~70年代の英国音楽業界を2万5千字で、高田漣はボー・ディドリーをより濃く楽しく、鷲巣功はキング・カーティスの幻盤「君だけに愛を」、亀渕昭信はフランキー・ライモン「恋は曲者」と映画、能地祐子は米国クラシックからYouTube名演ベスト10、水口正裕は新作ウエスト・サイド・ストーリー、萩原健太はポール・サイモンのロマンチックなティーンエイジ・ロックンロール感覚、岡本郁生はサルサ・ロマンティカの天才フランキー・ルイス、エリスでしか読めない深くて楽しい記事満載!本日15日発行です。
http://erismedia.jp/

はっぴいえんどの名作『風街ろまん』を松本隆が語る!

ERIS第33号の巻頭は、50年目の『風街ろまん』を松本隆が語る!『風街ろまん』が日本のポピュラー音楽に投じた波紋は、半世紀後のいまなお深く静かに広がり続けています。当時はっぴいえんどのドラマー/作詞家としてアルバムのコンセプトを担った松本隆に、この名作が生まれたいきさつを聞きました。レコーディングの様子、歌詞やジャケットをめぐる逸話など、ロック黎明期の生々しいエピソードが多数。ビートルズや筒美京平への想いもふれられています。取材は当時「ニューミュージック・マガジン」(現ミュージック・マガジン)編集者だった北中正和。当時の日本ロック・シーンの変革や風景が伝わる北中さんの回想文も必読。7月15日(木)発行です。
https://www.atpress.ne.jp/news/264999